不妊の原因は一人で抱え込まず専門医に話して漢方で解決

不妊

不妊の原因を突き止める前に必要な事

診療中

一人目を出産してから三年程経ち、落ち着いてきたので二人目を考えてはみたけれど、なかなか二人目ができないという方が最近増えてきています。とこのような、不妊になる原因は一体何なのでしょうか。
まず第一の可能性としては、一人が生まれ初めての子育てによるストレスが原因になっているパターンです。初めての事は誰でも戸惑い、心身ともに負担がかかってしまうものです。想像していたよりも子育ては大変で、自由が利かないものです。自分では自覚が無い中で、過度なストレスを感じている事も少なくありません。
そして、次に考えられるのが一人目の出産からの影響です。帝王切開や切迫早産など一人目を出産した時に身体に受けた負担が影響している事が不妊の原因になっている事もあるそうです。他には、旦那さんとの夜の営みの回数が減った事や、歳を取ってしまったから。という様々な理由も上げられます。
ですがこのように、不妊の原因はハッキリと一つに定める事は難しいです。一番は産婦人科に行ってしっかりと原因を掴む事です。医師の指示に従って改善していくのが最優先ですが、まずは普段の生活からストレスを軽減するよう心掛けたり、食生活を見直したりなどの、細かい部分で改善していける箇所を見つけ意識していく事がとても大切になってくるのです。

自分を見つめて前向きな不妊漢方治療で原因を突き止める

一人目は自然と授かる事ができたのに、二人目がなかなか出来なくて悩んでいる方が近年非常に多くなってきています。最近は二人目を望んでいる夫婦が増えてきているのが現状ですが、どうして不妊に悩まされている方がこんなにも多いのでしょう。
その可能性として高いのが、不妊漢方治療をするタイミングが遅くなった事による原因です。一人目が自然に授かる事ができた場合、一人目ができた事への安心から漢方治療や受診する時期を逃してしまいがちなのです。他にも年齢重ねた事による卵子老化や卵巣機能の低下による不妊です。
中でも一人目の子育てによるストレスが原因になっているパターンは非常に多いです。子育ては自身が思っているより、心身的ストレスを感じている事は多いです。このストレスが妊娠には最大の大敵になるので、ストレスを軽減する事に重点を置く事は不妊を改善するポイントです。
ですがまずは、早いタイミングで産婦人科に受診するのが最優先です。最近では、キッズルームなどを設けている産婦人科も増えてきていますので、子連れでも問題なく受診する事ができるようになっています。しかし本気になって原因を突き止めていきたい場合には、旦那さんや両親に子供は預けてから産婦人科に受診する方がストレスは軽減され、最も理想的な方法かもしれません。不妊の原因を突き止めるまでには、時間はかかってきてしまうかもしれませんが、しっかりと自分と向き合っていく事が大切です。そうする事によって二人目を授った時の喜びは計り知れないと思いますので頑張っていきましょう。

不妊の原因は一人だけでは分かりません

二人目の不妊は珍しいことではなく、数多くの女性たちが抱えている大きな悩みとも言えるでしょう。いくつもの運命が重なって誕生するものですから、確かな原因もはっきりしない事が多いのも現実です。不妊が考えられる原因としてはまず年齢ですよね。一人目を出産した際の年齢はまだ若くても、二人目への妊活に取り組む年齢が上がれば上がるほど、妊娠しづらくなってしまいます。さらに、年齢が上がれば夫婦生活も積極的になれず、回数が減少してしまうといったところにも原因があります。
その他、自分の周りが二人目のラッシュであったり、「二人目はまだなの?」という容赦のない質問や、自分が不妊であることを知られたくないという強い思いからのストレスも非常に大きく関わってきます。しかし、諦めずに落ち着いてください。50代の方でも妊娠、出産を経験している方は居ますから、年齢だけが絶対的な原因でもありません。
パートナーとよく相談したうえで、二人目の不妊漢方治療に行くことをオススメします。一人ひとりの体の状態は違いますし、何よりも不妊漢方治療に通う事で原因がわかるかもしれませんので、はっきりしない原因に悩む必要もありません。ゆっくり不妊漢方治療をしていれば、必ずあなたのもとに奇跡の誕生がやってくるかもしれません、ストレスを抱えず、諦めず、焦らないことを大切にしてください。

不妊が起きる原因とできる対策

一人目の時はスムーズに妊娠をしたのに、二人目はなかなか妊娠をしない不妊で悩む人は少なくありません。この不妊の原因というのは、人によって様々ですが、特に多いとされているのが、加齢による不妊です。年齢が上がるほど、妊娠しにくくなっていくというのは有名な話です。いつまでも若いと思っていても、一人目を出産し、二人目が欲しいと考える間にも、体や卵子は老化を続けています。 そのため、二人目を望む時には、一人目と体の条件が大きく変わってくるため、最初はすぐに妊娠したのに、二度目はなかなか妊娠しないという状態になってしまいます。それ以外にも、出産の時に起きた体の変化が、不妊の原因となることもあるなど、原因は人によって様々です。 そんな不妊を改善したいと考えた時に有効な方法のひとつが、有酸素運動です。脂肪燃焼効果のあることで知られる有酸素運動は、体の老化防止にも効果がある方法です。ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を行えば、体や卵子の老化防止に繋がります。それによって、妊娠しやすい状態を作っていくことができます。不妊で悩んでいるのであれば、運動の習慣をつけておくことがおすすめです。

医師

不妊治療の種類に関する事

世界各国には数多くの夫婦が幸せに暮らしています。そして夫婦にとって大きな幸せは子供を授かる事かと思われます。しかし待てど暮らせど、妊娠する気配がなく大きな悩みになっている方も多いかと思います。そ…

VIEW DETAIL

痛がっている妊婦

不妊治療における採精方法

世の中には数知れない程の夫婦がおり、幸せな家庭を築いています。しかし結婚生活が長くなると心配になってくるのが「なかなか子供を授かる事が出来ない」事となってきます。そんな子供を授からない夫婦にとっ…

VIEW DETAIL

泣いている女性

不妊治療の現実

皆さんは、不妊の定義をご存知でしょうか?現在、世界保健機関(WHO)では、「避妊していないのに12ヶ月の間、妊娠に至れない状態」のことを指しています。実はこれ、何回か改定されていて期間が短くなっ…

VIEW DETAIL

夫婦

1年過ぎたら不妊治療を

不妊症と聞くと病気だというイメージはありませんか?実は不妊症とは病気ではなく、妊娠を希望し1年間性生活があるにもかかわらず、妊娠しない場合の事を言うのです。あくまで妊娠が成立しにくい症状を指すの…

VIEW DETAIL